フリーター キャッシング

フリーターで土日即日のキャッシング

 

フリーターでお金を借りるのは可能?借りれる条件はこれ!

よくある質問で、「フリーターでもキャッシングで借りれるのでしょうか?」という問いがあります。

 

答えから言いますと、「Yes!借りれる!」になります。ただしいくつか条件があるので、参考にしてみて下さい。

 

アルバイトやフリーターの借入審査の条件と傾向について

フリーターやアルバイトの人がキャッシングでお金を借りる条件として・・・条件として20歳以上でアルバイトなどで安定した収入のある方ということがあげられます。

  • 年齢が満20歳以上である
  • アルバイトなどで安定した収入がある

↑の2点が条件となります。

 

審査に通れば、消費者金融であったり銀行のカードローンや、大手スーパーのカードローンを利用する事が出来ます。

 

フリーターの方は、正社員の方よりも審査に通りずらい面がありますが、多くのカード会社では安定した収入があれば審査に通る仕組みになっています。

 

 

さすがに、アルバイトや派遣の仕事が1カ月も続かないというフリーターの方では審査に通りません。半年以上同じ職場で働いているならば、申し込みをして審査を受けてみてください。

 

大手の消費者金融ならフリーターでも申し込みは可能ですので、金利や利便性を考えて申し込んでみると良いでしょう。

 

これなら週末の土日に急にお金が必要になっても即日でキャッシングできる可能性がありますね。

 

カード会社によって審査の条件が異なりますので、一社で断られたとしても諦めないで少し期間を開けてから数社申し込んでみるのもひとつの選択肢ではあります。

 

お金を即日融資で借りるなら!

土日に即日キャッシングしたいフリーターが注意したいこと

フリーターの人が土日にどうしてもお金が必要という時には、即日キャッシングするために注意するべきことがあるのです。

  • 一度に何回もの申込みをしない
  • 希望の金額は多くならないように
  • 勤務先の電話番号はミスのないように記入する

申込みには事実のみを申告するのが基本と言えますが、審査に通るためにはこれらのことにも注意が必要となります。

 

一度に何回もの申込みに注意

フリーターの方のキャッシング審査は確かに正社員の方よりも厳しい結果となる可能性は高くなります。そのため即日でどうしてもお金が必要な場合には、いくつものカードローンに申込みしたくなることもあるでしょうね。

 

ですが、そのために「申込みブラック」となってしまう場合があります。一般的には1ヶ月に3つ以上のカードローンに申込みをすると、金融機関から「お金に困っている」や「返済できる可能性が少ない」などと判断されてしまうようです。

 

フリーターの方が土日や平日に即日キャッシングを利用したいという場合でも、このようなことから申込みは多くても2つのカードローンまでに留めることをオススメします。

 

希望の金額は多くならないように注意

フリーターの方は正社員でないことからキャッシングを利用する場合に不安になることも多いでしょう。そのために申込みの金額を多めにしておいた方が何かと便利と考えることもあると思います。

 

それでも多くのキャッシングサービスでは返済能力のある方にしかお金を貸していません。更に収入の金額から返済が難しいと判断される高額な融資も期待できません。

 

そのためどうしても土日に即日でキャッシングしたいと希望するならば、身の丈に合う金額を希望するべきと言えるでしょう。

 

その理由は、希望額が多いことにより「お金に相当困っている人」という判断をされてしまうこともあるからです。

 

勤務先の電話番号の記入のミスに注意

フリーターの方に限らず正社員であってもキャッシングの申込みをすると審査が始まります。

 

その際に注意したいのが勤務先の連絡先の記入です。
勤務先の連絡先の電話番号を記入する場合、数字にミスがあると在籍確認を取ることができなくなり、土日の即日融資どころかキャッシングの利用自体できなくなってしまうこともあるのです。

 

在籍確認は大切な審査手順の1つであり、勤務先に直接電話をかけることにより職場での在籍の事実を確認する手続きとなっています。

 

フリーターも気になる審査とは?

フリーターの方がキャッシングの申込みをする時に最も気になるのは審査かも知れませんね。もちろん審査が気になるのは正社員の方も同じと言えますが、その内容は以下のようになっているのです。

  • 申込みの内容について審査する
  • 信用情報の照会

 

特に審査時間が最短30分となっている消費者金融でキャッシングの申込みをする場合、審査では申込みの内容を元に「スコアリングシステム」によって属性を点数化すると言われています。

 

この点数が高い方がより審査に通りやすくなるのですが、同時に個人信用情報機関によりその人の返済の延滞や債務整理の有無を照会して信用情報をチェックするのです。

 

審査で信用情報に問題があることが分かった場合には、審査が通らない可能性が高くなります。