翌日返済

★概要★

明日くらいにはお金が返せるけれど、「今日1日だけ借りたい」という場合でも、キャッシングを利用することは可能です。

 

借りた翌日に返済をする場合、通常は1日分の利息が付きます。わずかな金額なので気にする必要はないかも知れませんが、無利息サービスを利用すると利息0円にできます

もしも今日お金を借りたいのであればプロミスの事前3秒診断で借入可能か見てみることをおすすめします。明日の返済も可能で最短1時間融資が便利です↓

今日お金借りて明日返すことは可能ですか?

多くのキャッシングサービスやカードローンサービス・金融機関では今日借入れをして、明日返済することは可能になっています。その場合1日分の利息も元金の一括払いと一緒に支払うことになります。多くの金融サービスでは借入れの初日から利息がつく為、たった1日の借入れでも利息を支払う必要があります。

ところが・・・無利息サービスを行っているキャッシングでは、一定期間の金利が無利息になるので、お金を借りてすぐ返すことで、金利0円にすることが可能となっています。

普通に1日だけ借りた場合の利息計算

通常の利息計算では、例えば2万円を給料日の前日に消費者金融で借入れした場合、20,000円×18.0%÷365日×1日≒10円となります。消費者金融の場合、大手サービスで言うならばプロミスは4.5%〜17.8%で借入れができます。その他のアコムやアイフル、モビット、ノーローンは一律18.0%が2万円の借入れにつく金利となっています。

無利息ならば返済も0円になる計算

お財布がピンチのときに今日借りて明日すぐ返す方法

もっともプロミスやアコム、ノーローンでは初回の借入れに無利息サービスの利用ができる(※無利息サービスについて、詳しくは公式サイトをご確認ください)ので、1日で完済する場合には利息は0円となります。

 

プロミスやアコムでは30日間無利息期間が特約として付いていますので、(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)給料日の当日に無理に返済する必要はありませんが、なるべく早く返済をした方が良いですよね。

 

ちょっとお財布がピンチのときに短期間お金を借りたいのであればプロミスの3秒診断がおすすめですのでチェックしてみてください。

 

お金を1日だけ借りる→翌日返済するには?

返済方法は金融機関によって異なることがあります。口座振替が通常となっている場合もあれば、コンビニなどにある提携ATMやインターネットでの返済と、ある程度自由になっている場合もあります。口座振替を返済方法として選択した場合は、返済日まで引き落としがされない為、借りた翌日に返済ができません。その場合はカードがあればATMから返済することになります。

 

金融会社によっては一括返済の場合は店舗で返済をするようになっている場合もあります。返済方法は借入れをする時に、十分把握しておく必要がありそうですね。

 

プロミスの1例

プロミスの例を挙げてみると、ネットやATMで24時間利用できますし、一括返済ができるようになっています。その為、「チョット借りてスグに返す」という利用ができるので、便利です。無利息サービスを利用できない2回目以降の利用でも、短期間ならば利息をそれほど気にしなくても良いと思います。

 

借りた翌日に返済する場合、一括返済をする時には借入れの元金を全額返済することになります。もちろん借入金の一部だけを返済することはできますが、残高があれば翌月の返済でも利息が付きます。

 

初めての利用で無利息期間を利用している場合、プロミスならば30日間分の利息は掛からないので、その場合も利息の心配は要りませんね。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)

 

◎→初めての方はプロミスの公式サイト